送料は全国一律¥500

シングルオリジン コピルアック

シングルオリジン
コピルアック

通常価格 ¥3,240

- ポイント

 

重量

提供方法

ハイロースト

シングルオリジン

インドネシア共和国

「媚薬」ともたとえられる香味は幻のコーヒー、コピルアックだけのもの

コピ・ルアックのマンデリンバージョンの登場です!つまり、マンデリンの生産地、北スマトラのトバ湖周辺のルアック、名付けてルアック・マンデリン!

まるで「媚薬」ともたとえられる香りはルアックだけのもの。唯一無二の独特な甘い香味はあなたを魅了するに違いありません。

幻のコーヒー「コピ・ルアック」はルアックと呼ばれるジャコウネコから出る未消化のコーヒー豆です。ルアックは熟した旨いコーヒーの実が好物なのでその完熟コーヒーの実、コーヒー豆が体内酵素の作用によって独特の芳香が生まれると言われています。

世界最大のカルデラ湖、トバ湖はメダンという町から車で5時間の所に位置しており、とんでもない僻地です。その僻地のジャングルがルアックの生育地、直接現地に行ってきました。動画もあるので是非見ていただければどんな場所で生産されているかがわかります。


なぜマンデリンの地でコピルアックを探したのか?
コピルアックの誕生の地はスマトラ島最先端のアチェです。
しかしアチェ地方のコーヒーの品種は「アテン」が多数を占めます。
私の個人的な見解ではありますが、「アテン」の香味は少々重く最上級の品種とは言えないと思っています。ですからアチェから南のマンデリンの栽培地、トバ湖周辺に目を付けたのです。この地区で栽培される品種は固有のリントンの他に、LINI.S ・ブルボン・カルティカ・S795などがあのます。いずれにしろ優れた品種が多く栽培されています。
ルアックは北スマトラ奥地のジャングルで採取します。つまり、ジャングルを捜索してジャコウネコの糞を探し出すのです。最近は養殖のようにジャコウネコを飼育してエサとしてコーヒー豆を与えている場合がありますが、本来はこのように野生であり天然なモノなのです。
ジャングルの中、幾多の勾配を繰り返し、スコールに打たれながら発見!見つけたら麻袋へと入れ持ち帰ります。
探索をした現地スタッフとは1日経つともう仲間のようでした。一緒に食事をし友好を深め、再び来ることを約束します。
世界最大の湖、北スマトラにあるトバ湖周辺で採れるコピ・ルアックはただのコピルアックにあらず!特殊な香味、旨みの幻のコーヒーなのです。
生産国:
インドネシア共和国
地域:
 北スマトラ島 トバ湖北西部
標高:
 1300-1600m
生産者:
トバ湖周辺の小農家
品種:
 LINI.S ・ブルボン・カルティカ・S795・等 天然のワイルドルアックなので、品種は推定
精製:
 スマトラ式セミウォッシュドに近い
乾燥:
 天日乾燥
閉じる

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

カートに商品がありません
買い物を続ける